大人ニキビ 原因 治療 化粧品

どうして大人ニキビが・・・ スキンケアに間違いが! スキンケアモニター募集中♪

あなたの肌、満足してますか?美肌が育つ一ヶ月。1,930円

大人ニキビの原因と対策

大人ニキビは、皮脂が毛穴に詰まることから始まります。


そして、皮脂が詰まるとアクネ菌が増殖し、ニキビを悪化させるという悪循環に陥ることになります。


ちなみにニキビは必ず顔、胸、背中などの毛穴にできます。


毛穴がない足の裏などにはニキビは発生しません。


つまり皮脂と毛穴の出口が同じであることがニキビができる原因なのです。


ですから、大人ニキビができないようにするには「皮脂が毛穴に詰まらないような肌を作ること」であるといえます。


シンプルですが、これが大人ニキビの根本の対策です! 皮脂が毛穴に詰まらなくなれば、アクネ菌が増殖して炎症を大きくするようなこともなくなるのです。


では皮脂が毛穴に詰まらない肌とはどういうものなのでしょうか。


簡単に言えば肌の表面(角質層)がいつも水分を保持していて柔らかい肌ということです。


柔らかい肌が常に維持されていれば、皮脂が活発化しても、皮脂が詰まることはありませんし、毛穴が開き気味になることもありません。


つまり、角質層(肌)そのものが柔らかい状態を維持してあれば、大人ニキビになることはありません。


では、大人ニキビが発生しないような、肌の表面(=角質層)がいつも水分を保持し柔らかい状態(柔らかい肌)を維持するにはどうしたらよいかについて解説していきます。

大人ニキビができない「柔らかい肌」を作るには

大人ニキビができない肌対策としては「ターンオーバーを正常化する」ことが重要です。


肌のターンオーバーとは肌の生まれ変わっていくサイクル(28日周期が基準といわれています)のことです。


この肌のターンオーバーのサイクルで、表皮細胞が作られ、成長し、やがて美しい角質となり、肌を護り、美しく魅せ、役割を終えてはがれていきます。


水分が少なく硬くなった肌は、ターンオーバーの周期が速いです。つまり、角質のはがれが速い肌でどんどんはがれていくために、まだ成長していない未熟な表皮細胞が角質となっていく「角化」がはじまります。


そして、未熟(水分が少ない)な角質で構成される肌は、毛穴が拡がり、皮脂が貯まりやすく、貯まった皮脂は酸化しさらに肌を傷め、角質の寿命を短くするというまさに悪循環に陥ってしまうのです。


この肌のターンオーバーを正常化するには、角質層に水分を与え、受けるダメージを少なくしてあげることです。


こうすることで、最上層角質の寿命が延び、表皮の角化が遅くなっていきます。


そして、成長した表皮細胞が角化することになり、角質層の能力が次第に高くなり、強くなり、「水分の多い柔らかく美しい肌(角質層)」に変わり、ターンオーバーが正常化されていきます。


大人ニキビを根本から解決したい方はこちら ⇒⇒⇒ 古い角質を大切にする!?スキンケアモニターご協力者募集!